トップ

医師の人材不足問題について

医師の転職で役立つ

社会的影響力

日本の医師の転職事情

日本は少子高齢化を本格的に迎え、そのことから医療サービスを受ける人が多くなり、逆にサポートする側の医療スタッフの不足が深刻化してきました。医療で最も中心となるのが医師です。看護師やその他のスタッフも重要であるにせよ、治療を行い、その後の処置で様々な指導や指示、治療判断と最終的な診断を行い、治療行為の責任を取るのがすべて担当医となるため、それだけに医療機関では重要な人材となります。しかしながら、近年、大手医療機関では深刻な医師不足に陥り、どの医療機関でも人材確保に余念がありません。しかも、大手医療機関で急性期患者を受け入れるところでは、労働条件が厳しくなり、離職者が多い傾向が見られます。転職を考えるも、質の高い、良い医療機関で働きたいと考える人が多く、転職の際にエージェントに登録する人が多いでしょう。希望の就職先や待遇面など予め伝え、登録しておけば、エージェントから紹介を受けるシステムとなります。

異業種から転職した医者

医師が転職したと聞けばどんな病院からであるのかを気にする人が多数派である一方、必ずしも質問者が期待している答えが提供されないことが少なくないです。適切な段階を経ることによって病院で働き始められる仕事ですから、異業種から医療関係者になったケースもあります。ある程度の年齢を重ねているけれども実際にはまだ新人と呼ぶに相応しいキャリアだとしても、異業種から転職した医師には特技が備わっています。患者が言わんとする内容を的確に把握できることです。医療行為を提供しない職場で働いていれば、労使関係にまつわるさまざまな医学的事例を目の当たりにします。そこで得た知識は医療現場において患者の話がわかりやすくなる利点があるため、医療行為を提供された側からすれば親切な人物であると感じます。異業種から転職することなく医師一筋で頑張ってきた人物との経験の差を、患者との適切なコミュニケーションによって埋めることができるというわけです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の人材不足問題について. All rights reserved.